就職と職務経歴書の書き方

履歴書と違って、職務経歴書には就職活動の時に用いる定型書式はないようです。
就職活動のノウハウ本やウェブサイトによっても、内容はいろいろとあるようです。
ネットや書籍で実例を幾つかチェックして、自分にとって書きやすいものや、就職活動時に役立ちそうなものを選択しましょう。

自分が読みやすいと思った経歴書の書き方を参考に、まずは自分で作ってみましょう。
応募者の書類審査における採用担当者の職務経歴書を見る時間の平均は数十秒と言われています。
もちろん応募者の数によりますが、採用担当者が読みやすい書き方をすることは重要です。
高評価をもらうためには、内容だけでなく、読みやすくわかりやすい職務経歴書にする工夫が必要です。
職務経歴書に目を通してもらう数十秒で好印象を持ってもらうには、相手にとって読みやすく、把握しやすい職務経歴書を作成するという意欲があるかどうかが成否の分かれ目にもなります。
より多くのことをしっかり伝えたくなりますが、だらだらとした書き方では逆効果です。
経歴書の内容は簡潔に整理して書くことが大切です。
かといって、基本情報が足りなければ相手に話しが通じませんので、最低でも元の会社の情報は書き漏らさないようにしましょう。
上場しているような大企業であればまだしも、中小企業であれば、必ず記載するようにしましょう。
これまで経験してきた職種について長々と説明するのではなく、簡潔に書くことを心掛けて読み手にとってわかりやすく書くことが大切です。
就職活動では、企業がどんなスキルや実績を持っている人を採用したいと考えているかを読み取り、職務経歴書にそれを反映させ、面接へと繋げることが成功への糸口になると言われています。

動画配信サービス10選