痛風および高尿酸血症について

痛風(高尿酸血症)は、尿酸塩の結晶が関節または軟部組織に沈着する状態を特徴とする病気です。
痛風の4つの段階には、無症候性高尿酸血症、急性痛風性関節炎、痛覚過敏性痛風および慢性タフ型痛風が含まれます。
ピーク発症率は30~50歳の患者に起こり、この状態は女性の場合はあまりみかけませんが、男性の患者は多いです。
無症候性高尿酸血症患者は治療を必要としませんが、食生活や生活習慣を改善することによって尿酸値を下げる努力が必要になります。
急性の痛風は最も一般的に足の最初の親指のつけ根に起こりやすいですが、他の関節にも起こることもあります。 確定診断には、偏光顕微鏡下で滑液中の複屈折結晶の実証を伴う共同吸引が必要である。 治療には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、コルヒチン、コルチコステロイドおよび鎮痛薬が含まれます。 合併症のない患者では、一般的にNSAID治療が比較的望ましいと言われています。高尿酸血症を改善するよう食生活の改善を心がけてください。